1. >
  2. >
  3. Xperia XA1 Ultra
引用元:Sony Mobile Communications Inc.
(https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xa1-ultra/)

Xperia XA1 Ultra

端末発売情報

Xperia最大の画面サイズを持つ端末

「Xperia XA1 Ultra」は、かつて熱狂的なファンを産んだ「Xperia Z Ultra」の後継機種です。
「Xperia Z Ultra」は2013年に発売された第三世代移動通信システムと第四世代移動通信システムの両方に対応した端末です。

発売当時は世界で最も薄いHDスマートフォンとされており、当時のスマホの常識をくつがえす超ハイスペック端末としてモバイルやIT関連のファンの心を鷲掴みにしました。

大画面、世界最薄、防水と当時のスマホでユーザーから望まれてきた機能の全てを盛り込んだ端末としてかなり注目をされていたのですが、価格面などにより結局購入ができなかったユーザーも多くいたようです。

しかし2017年春モデルとして登場した「Xperia XA1 Ultra」はどちらかというとミドルレンジを狙ったものとなっており、Xperia最大の大画面という個性はあるものの他のモデルと比較して特にスペックが高いということではなくなってしまっています。

それでも本体のみを購入しようとすると価格は5万円近くとなっており、海外モデルを輸入しようとするとさらに高い金額がかかります。

先行モデルとして「Xperia XA Ultra」というものも販売されていましたが、モデルチェンジによりかなり外観に変化が見られています。

他のスマホメーカーが比較的丸みのあるモデルを採用しているのに対し、Xperiaは全体的に四角い角を強調したフォルムをしています。

「Xperia XA1 Ultra」ではそれが顕著な形で現れており、高級感のある色調に角ばったフォルムが他のスマホとの差別化につながっています。

脅威の1920×1080ディスプレイ

Xperiaといえば、大画面とともに美しい映像が大きな製品の特徴となっています。
「Xperia XA1 Ultra」では約6インチと大画面を維持しつつ、さらにHD1920×1080という他のスマホにはないかなり広い画面領域を採用しています。

大容量の電池ながらも前モデルよりも軽量化をはかっており、手にしたときの薄さはかなりインパクトがあります。

iPhoneでは標準装備となっている指紋認証には非対応となっていますが、その他の基本的なスペックはかなり高いため指紋以外の方法でセキュリティ対策をすることが勧められます。

「Xperia Z Ultra」では唯一カメラ性能が弱いところが問題視されてきたのですが、新たなモデルとなったことで他のXperia同様に優れた光学カメラを使用することができるようになっています。

フラッグシップモデルである「XZ Premium SO-04J」と比較してみるのもおもしろいでしょう。

Comments are closed.