1. >
  2. >
  3. 東大生必見!住まい探しに役立つWEBサービス

東大生必見!住まい探しに役立つWEBサービス

Webサービス・SNS

◇東大生に人気のエリア


東京大学周辺物件|学生マンションドットコム

東大生が物件を探す場合、駒場キャンパスエリアか本郷キャンパスの2つに絞り込まれます。というのも、駒場キャンパスは1年次や2年次が、本郷キャンパスでは3年次や4年次に学ぶキャンパスに別けられているからです。

駒場キャンパス周辺から物件を探したい人は、最寄駅である「駒場東大前駅」から近い物件を探しましょう。駒場東大前駅に好みの物件が見当たらなかった場合は、駒場東大前駅から1駅の「池ノ駅」も視野に入れるのもおすすめです。「学校には徒歩でいける」という声や「駅付近は静かさで治安も良い」という声があります。

キャンパスが変わるだけで通学時間に大きく影響してくるため、2年次から3年次に変わるタイミングで本郷キャンパス周辺に引越しを考える東大生は多いようです。物件を間違えて通学に苦労する学生もいます。東大生の物件選びは慎重に検討しましょう。

◇マンションと寮はどちらがいい?

東京大学を起点に物件を選ぶ場合、どの物件にしたほうが良いのか、物件タイプは何が良いのかで悩んでいる人も少なくないはずです。

また、学生の中には親元を離れて生活を考える人もおり、初めての1人暮らしに不安をもっている人も多いのではないでしょうか。学生が物件を探す場合は、1人暮らしか学生寮を利用するかの2パターンありますが、どちらにも良い面とそうでない面がありますので、自分に適した物件を選ぶ必要があります。1人暮らしの場合では、一般的なアパートやマンションよりも学生マンションを借りるほうが良いといえます。

学生マンションは、学生専用に設置された物件であり、セキュリティの充実度が一般的な物件と比較して高い傾向にあります。

物件によっては食事がついてくる学生マンションもあるため、1人暮らしで健康を維持できるか不安な人にはおすすめといえます。また、学生寮のような共同生活におけるルールも少ないため、1人暮らしをしたい学生にはもってこいの物件となるでしょう。

学生寮の場合は、同じ大学に所属している学生との交流が自然に増えるため、情報交換できる点はメリットの1つ。また、学生マンションと比較して家賃を安く抑えることもできるため、金銭的に余裕のない学生でも入居しやすくなっています。

どちらの物件にするかは、物件の設備やサービス内容、周辺エリアの状況を把握した上で、自分に合った適切なところを選びましょう。

◇自分に最適な物件を見つけるコツって?

物件を選ぶ際には、家賃や通学時間など優先順位を設けることから始めましょう。

ある程度、物件の特徴を知ることや大学周辺に入居したい物件の数を把握できるなど好みの条件を満たす物件を探しやすくなります。ほかにも、SNSを利用し、東大生の先輩や実際に住んでいる人の学生の声を参考にすることも住まい探しをサポートしてくれます。

Comments are closed.