1. >
  2. >
  3. LINEを名乗るフィッシング詐欺に要注意

LINEを名乗るフィッシング詐欺に要注意

Webサービス・SNS

古典的ながら被害者の多いフィッシング詐欺

インターネットが普及し始めた頃から存在をしている典型的な詐欺が「フィッシング」です。
「フィッシング」とは直訳をすると「釣り」となることからわかるように、一見本物のように見せかけて人を寄せ付けそこで重要な情報を集めるという手法です。

具体的には、例えば銀行や郵便局などの金融機関を装って「あなたの情報が盗まれた危険があります。登録をしなおしてください」というような不安を煽るメールを送り、ニセのサイトに誘導してそこでIDやパスワードを入力させるという方法です。

他にもamazonやYahoo!Japanなど有名サイトを騙ってニセメールを流したりといった被害は過去数多く報告をされてきたのですが、時代の流れとともに少しずつその手法も異なってきたようです。

近年最も数多く被害が報告をされているのが「LINE」を使った詐欺で、メールなどでLINEからの通知であるかのような画面を表示させ、そこからあたかも正規のLINEログイン画面であるかのようなサイトに誘導してきます。

ニセのログイン画面に自分のIDとパスワードを入力をしてしまうと、そこで重要な個人情報がそのまま詐欺サイトの運営者に収集者に知られてしまいます。

そうしてLINEを乗っ取られてしまうと、自動的に登録しているフレンドの情報も知られてしまうため、乗っ取られIDから次の詐欺通知が送信されていくことになってしまいます。

ニセメールを見破るための基本的な方法

フィッシングという手口はかなり昔から存在しているのですが、今も全くなくなる気配がないのは、それで引っかかる人が一定数いることが知られているからです。

危険な乗っ取りを避けるための方法としては、まず怪しげなスパムメールを開いたり、添付ファイルにアクセスしたりしないことです。

通知やメールはランダムな文字で適当に送信をしていたり、あるいは別の個人情報を扱う企業やサービスをハッキングしていたりして集めています。

ネットサービスを利用していると、そうしたスパムに会うことはある程度は仕方がないことと言えます。

しかし詐欺メールの場合、明らかに言葉遣いがおかしかったり、ログインのURLに不自然な点があったりします。
そもそもとして、個人情報が漏れたりログインに危険があるような事態が起きたらまずはメールなどよりもニュースで大々的に注意喚起がされるはずです。

怪しいと思ったらまずは公式サイトを確認したりして、同様の詐欺が報告されていないかを調べてみましょう。
またそうした詐欺メールは近年、海外の犯罪集団が関わっていることがよくあります。
日本語があやしげなメールが届いたらまずその点を疑ってみるようにしましょう。

Comments are closed.